2005年12月01日

先月、出ました新刊小説に…

先月新刊発売された、フランス書院美少女小説にどうやら催眠描写のあるものがあったようです。
『解放区 〜痴漢ハーレム』
と言う作品ですが、情報元はいつもお世話になっている『情報礼賛』の雑記からです。大元は2chの催眠系スレッドからなのですが、2chから必要な情報を抜き出すのは冗談抜きに根気が必要ですので、気が短い方は使用しないほうが良いかもしれません。でも、たまに、こんな良質の情報が紛れているので侮れないのですよね。
ちなみにこの作品中で催眠描写が出てくるのは話の後半になってからでした。続きを読む(ネタバレ含む)
posted by 催眠本箱 at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

催眠もの判定ぎりぎりの作品

催眠もの判定がぎりぎりな作品があります。催眠でエッチをするという意味では外れなのですが、何者かに操られて、エッチをするという意味では当たりなんですよ。つまり私的には外れなんですけど、これを当たり判定を下す方は多いだろうな〜って、感じの作品です。
「美少女催淫プロジェクト 」

著者:矢神瓏 出版社:マドンナ社 /二見書房
がそうでした。出たのは今年の7月で、入手は9月だったのですがなんとなく外れ判定を下していたので読み終えるのに時間がかかってしまいました。
内容は、割と資産のあるOLさんがある日突然高校野球の部員を誘ってエッチをする話です。しかもそのOLさんは、自分の突然の行動に疑問を持ち自分の知り合いの催眠療法師に相談をするのです。で、結局は、そのOLさんのご先祖様の奇行をなぞっていたのでした。つまり憑依現象みたいなものですね。
操りには違いないけど…やっぱり私的にはこの作品は外れでした。

この情報を貰ったのは、「情報礼賛」のBBSからでした。管理人のがるこじさまにお礼を申し上げます。

追伸:ただ、この作家さまはどうやら操り系や洗脳系さくひんが多そうな気がしますので要チェックの作家に指定しておきたいです。
posted by 催眠本箱 at 20:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

今年出ていた催眠の小説

気がつかないうちに出ていた小説が『情報礼賛』のBBSにて紹介されていました。そのひとつが
北山悦史「義姉の蜜戯」
桃園書房刊、桃園文庫です。この中の短編として「戦慄・母子催眠相姦」というのが有りました。この作品は、4年ほど前にバカ高い雑誌に掲載されていてほしいと思っていながら見逃した作品でした。母子相姦は趣味では有りませんが、催眠ものではしようがありません。
短編ですので、普通に誘導して成り行きでエッチまでして催眠中の記憶を消して解催眠をしてストーリーが終わっています。誘導法はヘッドアップ法ですね。ただ、少し気功が混じっているかも知れません。この作者は気功催眠を操るといわれていますから。ほかにも、この著者は『催淫の秘儀』
とういう、気功もの作品を書いています。よろしければそちらもどうぞです。
posted by 催眠本箱 at 21:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

催眠物の小説を探してみよう!!

大人向けの催眠物小説は探すのが非常に難しいので、店頭で手当たり次第に立ち読みして見当をつけえるわけにも行きません。第一、毎月の発行部数が多すぎて全部をチェックし切れません。
そこで、ここや、「情報礼賛」などの情報を頼るわけですが、今回はそのコツの一つを紹介してみましょう。ネット書店では検索機能が充実していますので、それを使うのです。今回使うのは、「楽天」です。楽天で『催眠』と検索
して見ましょう!!
すると、なんとなくそれらしいタイトルのものが有りますね。例えば、これです。「母娘・狙われた寝室 」
フランス書院刊の文庫本なら可能性は高そうです。ただし、これは売り切れになっているそうですから、書店の在庫をチェックしたり古本屋を家捜しして見つければ良いのです。
他には「禁断(vol.9) 」
なんて本が出てきました。この書籍の紹介ページの目次の欄には「催眠淫戯(吹上/流一郎)」なんてタイトルが含まれているらしいです。
今回は、この2作品しか見つけられませんでしたが微妙に検索ワードを変えて見ると面白い結果が出るやも知れません。ただし、こうやって見つけた作品が良作であるか駄作であるかは、読み終えてみるまで判らないので注意が必要です。なお、今回見つけた作品も私はまだ未読作品なので内容については全く判りません。ご注意を願います。

なお、この2作品について何か情報をお持ちの方がいましたらコメント欄に一言残していただけると嬉しいですし、助かります。
posted by 催眠本箱 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。