2006年03月08日

星野竜一氏の催眠系作品

新作の紹介ではありませんが、以前から出ている催眠物のコミックを作家別に紹介しておきます。まずは、
星野竜一
氏の作品からです。

残念ながら楽天BOOKsでは売り切れ表示ですが、一番古い作品からです。
淫辱の宴

この短編集の中ほどにある「サイコハンター」がそうです。

悦楽の生贄

この短編集のうち一番最初の「Puppet Club』が集団催眠ものです。

どちらの作品も楽天BOOKSでは『新品売り切れ』表示ですのでこれから探すのでしたら
eBOOKOFF

などのネット古書店か大型古書店を梯子すると見つかると思います。ネット古書店だと検索機能で探せるので以外に見つけやすいです。


欲望の螺旋




この中の「THE SPIRAL OF Å DESIRE」(全4話)が学園支配もののMC作品となっていますが、オチがかなり微妙かも。作品発表時の2chでの評判はかなり悪かったです。確かに、逆洗脳まで持ち出している割には、あっさりと終ってしまって面白みが少なかったですね。

Dark in the Sky

今の所、これの中の短編「報復」が星野氏の作品の中で一番、催眠らしさが出ているものです。
(私、じーん・だいばーによる判定で)その理由は、エロ催眠以外の描写も軽くですがしているところです。動物化催眠(犬)をして、催眠の誘導深度判定をしているところが一コマだけですがあるとこです。ただし、オチでは捨て身の報復行為に及んでいるのが私的には難点です。
それさえなければ、満点に近い短編なんですけど…(ただし人によってはこれが良いと言う方も多数いると思われることを明記しておきます
posted by 催眠本箱 at 17:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 美少女コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。星野先生の、本は、すべて、かいました。幻羅が、でてた時から、買ってました。催眠関係とか、寝取られとか、遭ったんで。面白かったでした。
Posted by サトウ at 2006年03月10日 14:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。